« 9月19日朝 | トップページ | 遊びが仕事??? »

2005/09/22

歓喜の涙

my-jpgあれは3年前(ちあきなおみ風に)
早春で、それは海が見える高原で起りました。
稲妻のような衝撃と言ったらよいのでしょうか?
身体の中で何かが大きく変化したのです。
周囲の風景は、
さっきと何ひとつ変わらないのに、
何かが違っている。それは、

廻りの景色の輪郭が急にハッキリして、
すべてがキラキラと光輝いている事に
気が付いたのです。
すべてが調和して、歓喜の世界にいるようでした。
その状態は、約1時間ほど続きました。

今までの景色は一体何だったのだろうか・・・
と思うほどのまばゆい光景が現れたのです。
でも、見えている風景は何にも変わっていませんが・・・
でも、その日を境に、意識が変わったのは確かです。
生きている、と言うより生かされている、
うまく言葉では説明出来ませんが、
はっきり、そう断言できるのです。

|

« 9月19日朝 | トップページ | 遊びが仕事??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/6065273

この記事へのトラックバック一覧です: 歓喜の涙:

« 9月19日朝 | トップページ | 遊びが仕事??? »