« 過去の事実は変えられる? | トップページ | だれにも生きる世界はある »

2006/01/24

ホリエモンが容疑者になった・・・

テレビタレント並に話題を振りまいてきたライブドアの社長、
ホリエモンが証券取引法違反事件で逮捕と言うことになりました。
耐震偽装の問題もあるのですが、
今度のホリエモンの逮捕によってその大きさが霞んでしまうほど
衝撃的な展開ですね。。
当分、テレビはこの話題で賑わうことでしょう。

容疑内容は「粉飾決算と風説の流布」ですが、
なぜ、そこまでして急激に会社を大きくする必要があったのか、
凡人にはさっぱり理解することが出来ません。
「お金があれば人の心も買える!」
と公言してはばからなかったそうですが、
最近は、政府自民党も衆議院選挙に担ぎ出し、
政府高官やら党の幹事長クラスまで、
選挙応援に出かけて、「我が息子をよろしく!」なんて。
いやはや、お金の力は本当に凄いなぁ~~
と思っていた矢先の事件です。
今やホリエモンを選挙に担ぎ出したお偉い先生方は防戦一方です!!

会社設立からまだ、10年。あれよあれよと言う間に大きくなり、
最近では、発行株式の時価総額を世界一にすると言う触れ込みで、
なりふり構わずに、強引な経営をすすめて来ましたね。
傍から見ていて、他のだれもがなし得ない思い切った経営手腕に
ある種の爽快感すら覚えた人も少なからずいたことでしょう。。
でも、その成長過程の実体は反社会的なことであったと言うことです。
今回の逮捕劇は、当然、行き着くところに行き着いたと言うことが
出来るかも知れません。

それにしても、事件が発覚する前には会社の時価発行総額が
グループ7社で約1兆円あったものが、1月23日現在で約4000億円
まで下がったと言うことです。
今回の件は、上場廃止基準に該当し管理ポストに即日移ると
言うことなので、ライブドアの株を買っていた方達は悲惨ですね。

今後のライブドアがどうなっていくかは分りませんが、
ホリエモンはしたたかのようですから、責任を全うしたあと、
また、新たな金儲けの方法を編み出すかも知れませんね。

でも、今後、何をやって行くにしても、
強引なやり方では社会の支持は得られないと言うことでしょう。
ホリエモンにとって、今回の事件がみずからの霊的な成長に役立つことを
祈りたいものです・・・
この記事、面白い、つまらない?どちらでもランキングへGO!

|

« 過去の事実は変えられる? | トップページ | だれにも生きる世界はある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/8316074

この記事へのトラックバック一覧です: ホリエモンが容疑者になった・・・:

« 過去の事実は変えられる? | トップページ | だれにも生きる世界はある »