« だれにも生きる世界はある | トップページ | 好きなことを判断の基準にする »

2006/01/25

やさしい微分積分学?

やさしい相対性理論、分る近代経済学・・・・・
一週間でマスター出来る英会話~
こんなのよく見かけるけど、、、
本屋で立読みしていると、この手のタイトルが目に留まるなあ。。

でも、これって、本気でそう思ってる人はいないだろうなぁ?
実は、このように頭に付いているものは、意味が全部反対だよ。
ほんとうにやさしいのなら、「やさしい~」とは付けないし、不要。
ほんとうに容易に分るなら「分る~なんて付けないよ」
当り前すぎるくらい容易なものには修飾語なんていらないの!

むずかしい相対性理論、
やさしくない微分積分学。、
一週間では絶対マスター出来ない英会話。
あっ、そうそうこれも忘れてた、、
さっぱり分らん近代経済学、
頭を置き換えてみると妙に納得!

これは、本を買って貰いたいと言う著者の涙ぐましい努力の跡だよネ。
こんな修飾語の付く言葉は、何でもホンネ部分で言うと全部、反対だと
理解していれば、当らずとも遠からず・・・

したがって、誰かが他から持ってきた「絶対儲かるここだけの秘密の話し!」
なんて言うのは、
「絶対に失敗する、あっちこっちでしゃべりまくっているいい加減な話し」と
置き換えること?!
そうすると、被害は「簡単?」に防ぐことが出来るなぁ~~なんて。
ん?ん?簡単? 反対言葉??
この記事、面白い、つまらない?どちらでもランキングへGO!


|

« だれにも生きる世界はある | トップページ | 好きなことを判断の基準にする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/8337777

この記事へのトラックバック一覧です: やさしい微分積分学?:

« だれにも生きる世界はある | トップページ | 好きなことを判断の基準にする »