« 競売不動産で始める田舎暮し | トップページ | 苦あれば楽あり、本当の幸せとは? »

2008/01/30

徳島県田舎暮らし那賀町、家庭菜園で自給自足の自然暮らし

Kisawaowaki700那賀川の上流部にある中古物件の紹介です。
この物件は、ちょっと奥地なので京阪神からのアクセには時間が掛かりますネ。
徳島市内からでも車で約2時間は要するのですが。
その反面、空気はきれいで、水は清流。そのまま飲んでも大丈夫でしょう。
近くには、町営の温泉もあり、安く入ることができます。

国道195号線を行くのですが、そのまま高知市内へも約1時間あまりで行かれるし、また、徳島県の北部、吉野川平野に出るのも、途中で国道193号線を行けば、これまた1時間ほどで出られるのでたいへん便利です。
家の横には小さな沢が流れており、いつも水の音が聞こえています。
この水の流れを利用して、水力発電をしてみたら、家庭の電気代はタダになるのになぁ・・・
土地、畑、家で 総額250万円です。

|

« 競売不動産で始める田舎暮し | トップページ | 苦あれば楽あり、本当の幸せとは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/17898194

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島県田舎暮らし那賀町、家庭菜園で自給自足の自然暮らし:

« 競売不動産で始める田舎暮し | トップページ | 苦あれば楽あり、本当の幸せとは? »