« ハングライダー事故 | トップページ | 徳島市郊外にある清流沿いで田舎暮し »

2008/03/10

Qちゃんの座右の銘、名古屋国際女子マラソン

高橋選手の座右の銘「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きく花が咲く」はとても素晴らしい言葉ですね。

今回の名古屋マラソン途上、北京オリンピックに出られなくなったのが確実になった状況にも関わらず、途中で棄権することなく最期まで走り続けたQちゃんに賛辞を贈りたいと思います。

人生途上、生きていると、嬉しいことや、楽しいことばかりでなく、苦しく辛く悲しいことがくり返されやってきますが、高橋選手の今回の名古屋マラソンでは、かつて、シドニーオリンピックで金メダル、そして国民栄誉賞を受賞したものとしては、予期せぬ屈辱の試合となってしまいました。

でも、諦めないで、最期まで完走したことは、彼女の座右の銘が、本物であったことの証明でしょう。プロの走者として、勝負に負けると言ういわば、いちばん、カッコ悪いことを、途中、逃げ出さないで堂々とやってのけたQちゃんは、わたしから見たら他のだれよりも、いちばんカッコ良く見えました。そんなQちゃん最大限の拍手を贈りたいと思います。

そして、わたしが大切にしている言葉は、

「停滞すればするほど、実は基礎固めを行っているのだ。自分の周囲の足元を付き固めているのだ。丈夫な家作りには、強く突き固めた土の上に基礎を築かなければ、どんなに良い材料を使った家でももろいものである」

したがって、人生途上、表面上、停滞して物事が裏目裏目に進んでしまうときは、このように意識を切り替えることで、また勇気が湧いてくるのだと思いますね。戸外に出てみましょう。さくらの木は、冬の間に、内部で花の芽を大きく膨らませているのです。

|

« ハングライダー事故 | トップページ | 徳島市郊外にある清流沿いで田舎暮し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/40449093

この記事へのトラックバック一覧です: Qちゃんの座右の銘、名古屋国際女子マラソン:

« ハングライダー事故 | トップページ | 徳島市郊外にある清流沿いで田舎暮し »