« プラス思考と言う名のマイナス思考 | トップページ | 田舎暮らしと神戸出張 »

2010/06/16

海外レンタルサーバーの効用

Omikohamaホームページを忍者とか、FC2とかライブドアなどの無料スペースを使って公開している方は多いと思いますが、慣れてくると無料ホームページスペースでは、制限事項が多くて思ったようなホームページができないことに気付きます。

わたしも、当初は、FC2などを利用していましたが、CGIが使えない、PHPが利用できない、SQLなどのデータベースが使えないなど、いろんな場面で不都合が生じてきました。たとえば、ワードプレスの導入などは、PHPが必須となりますね。

それではと言うことで、有料のレンタルサーバーを利用することにしました。それで、現在は、ハッスルサーバー、XREA、ロリポップなどを使っています。少々の費用は掛りますが、制約の少なさとホームページ作成の自由さを味わうと、もう元には戻れません。それで、ドメインはバリュードメイン、ムームードメインで独自ドメインをとりました。

あるとき、ネットで調べごとをしていたとき、無料の海外レンタルサーバーがあるのを知りました。今までは、海外ものは、英語表記の不自由さでパスしていましたが、PHPとかCGIやMYSQLが使えるのを知り、お試しで利用してみることにしました。最初、英語の説明で、少し、抵抗がありましたが何とかクリアーでき、これからはどんどん利用したいと思います。国内にも無料のPHPやCGIを使える無料サーバーはありますが、そのほとんどが、広告を強制表示され、これが非常に煩わしいですね。また、個人サーバーでも無料でスペース提供しているところもあるようですが、急に閉鎖したりで、とてもとても実用性はありません。

その点、海外のレンタルサーバーでは、広告さえ付かないところも多いです。うまく使えば、便利さこの上ないとおもいます。動的なホームページやワードプレスを導入して、制約の少ないブログを運用したい方には、海外サーバーはお勧めですので、是非、お試しください。ちなみにわたしは、いま、お試しで、新しいサイトを作成中です。昨夜から始めたのでまだ、未完成です。でも、雰囲気は分かると思います。見ていただければ、分かりますが、広告はありません。ただし、国内の無料テンプレートを利用していますので、提供者へのリンクを外さないとの条件がありますが、それのみです。なお、独自ドメインも使えますが、これはサブドメインのままです。     http://inakakurashi.hostzi.com/

|

« プラス思考と言う名のマイナス思考 | トップページ | 田舎暮らしと神戸出張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/48645033

この記事へのトラックバック一覧です: 海外レンタルサーバーの効用:

« プラス思考と言う名のマイナス思考 | トップページ | 田舎暮らしと神戸出張 »