« 介護事故、医療事故に付いてウォーキングで思ったこと平成23年4月20日 | トップページ | 土砂降りになった大神子海岸へのウォーキング »

2011/05/15

タコ釣りの仕掛け作り

Takoturi2新緑薫る春、徳島では5月に入り、日中、晴れた日は暖かいと言うより暑いような感じが致します。まあ、暑いと言っても車で走行している時に感じるのであって、道を歩いている時は、非常に爽やかです。毎日、ウオーキングで歩いている大神子海岸では、いつの間にかカモの群れがいなくなり、入れ替わりに海鵜やカイツブリのような水鳥が盛んに餌を追う姿が見られるようになりました。

遊び人を自称するわたしとしても活動開始です。何をするかって?タコ釣りですよ。過去の経験で言えば、新緑の季節は、タコのサイズもあまり大きなものは釣れません。まあ、せいぜい500グラムまでが多いですね。普通は、300グラムくらいの小型サイズでしょう。秋口にもなると1キロ以上、2キロの、たまには3キロクラスの大物も釣れるようになります。

ウオーミングアップも兼ねて、暫く、釣りから遠ざかっていたタコ釣りを再開することにしました。まずは、仕掛け作りです。タコ釣りは餌、たとえば小アジなどを付けても釣れるのですが、わたしの場合は、生きエサは使いません。ゴムのカニです。これだと、手が汚れないし、車のトランクに入れて置いても臭くないので便利です。もちろん、餌代も不要です。

西田敏行主演の「釣りバカ日誌」、もうシリーズは終了しましたが、釣行の前日から準備に追われ、当日、早朝、重装備で電車に揺られ、港に着いてからは、乗合船の船頭にオマカセ。高い料金を払って、船頭任せのような釣りには、まったく興味はありません。

思い付いたら、その時、車で釣り場に横付け。車から降りて5分で釣り始め、30分トライして釣れなければ場所を移動するか、その日は終了。もちろん釣りに掛かる費用はゼロ。仕事の途中でもスグに仕事に復帰することができる釣り。それはルアーを主体にした釣りが最適です。磯釣りや船釣りではそうはいきません。

徳島県は東側が紀伊水道や太平洋に面しているので、釣り場は無限です。砂場あり、磯場があり、また、初心者に安全な防波堤もたくさんあります。だいたい、徳島には、釣り場のためにお金を払う感覚がないのです。ここ数年は釣りから離れていましたが、この春からはまた、再デビューすることにしました。そのスタートがタコ釣りで、その仕掛け作りです。また、経過をご報告したいと思います。  その後の経過と釣果はこちら

|

« 介護事故、医療事故に付いてウォーキングで思ったこと平成23年4月20日 | トップページ | 土砂降りになった大神子海岸へのウォーキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/51674970

この記事へのトラックバック一覧です: タコ釣りの仕掛け作り:

« 介護事故、医療事故に付いてウォーキングで思ったこと平成23年4月20日 | トップページ | 土砂降りになった大神子海岸へのウォーキング »