« 大神子海岸、台風接近、平成23年8月27日 | トップページ | 徳島県海陽町でアユ釣り三昧の田舎暮らし »

2011/08/31

大神子海岸台風12号接近中2011年8月31日

2011829_001先日、台風6号が徳島県美波町日和佐付近に寄り道、上陸して和歌山方面に進んで行ったのが一ヶ月前。やっときれいになったと思ったらまた台風接近。今年は本当に台風が多いですね。


普段の静かな波打ち際から比較すると、打ち寄せる波の勢いが違い、波の音もかなり大きいです。携帯のカメラですから、打ち寄せる白波の最大波を捉えることはできませんでしたが、かなり高い波が打ち寄せていまして、普段なら来ないような奥の部分にまで水が上がってきています。

そんな時に、大神子海岸の北の端に近い方で、若者たちが海に入り泳いでいるグループが見えます。更に別の親子も海水浴に来ているようです。この大神子海岸は急深になっていて、波打ち際から数メートル離れるだけで背は立たなくなります。そのため大神子海岸は遊泳禁止になっているのですが、無視して泳いでいるようです。

全国的に、水難事故が相次いでいますが、海水浴場で遊泳中の水難事故は、その原因のほとんどが離岸流によるものだと言われています。遠浅の海岸でも湾になっているような海岸で発生するそうで、沖へ払い出す流速も毎秒2メートル、一分間でなんと120メートルも流されるということですからたいへん怖いですね。

沖へ払い出す離岸流の幅は、5メートルほどと言うことですから、岸から平行に横方向に泳げばすぐ抜けられるのですが、離岸流に色が付いている訳ではないので、あっという間に沖合はるか彼方と言うこともあるのです。

最近では、大神子海岸で死亡事故の記憶はありませんが、過去には何度か死亡事故が起きていますから注意が必要です。風光明媚な広域公園で、わたしにとっては癒しのための至福の場所です。そんな大神子海岸で、絶対に事件事故は起きてほしくあリません。

以前は、海水浴に来る人はいなかったのですが、今夏は猛暑のためか子供を泳がせて、親たちは日傘をさして一緒に来ている人と談笑している風景が多く見られましたが、他県の水難事故をニュースで聞くにつけ、ゾッとする思いです。写真は、台風接近前の大神子海岸の風景です。

|

« 大神子海岸、台風接近、平成23年8月27日 | トップページ | 徳島県海陽町でアユ釣り三昧の田舎暮らし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/52611318

この記事へのトラックバック一覧です: 大神子海岸台風12号接近中2011年8月31日:

« 大神子海岸、台風接近、平成23年8月27日 | トップページ | 徳島県海陽町でアユ釣り三昧の田舎暮らし »