« 台風6号後の大神子海岸で思うこと
平成23年7月30日
| トップページ | 小松島港に日本丸が寄港、平成23年8月 »

2011/08/17

2011年夏の阿波踊りが済んで

Townshi徳島の阿波踊りは真夏の祭典ですが、暦の上では立秋が過ぎてから始まるので、秋祭りかも知れませんね。熱狂的な阿波踊りが済むと、徳島市東部の大神子海岸では波が高くなります。早朝や夕方には、海から吹いてくる風も心なしか秋の気配が感じられるようです。

先日、徳島市内の公民館で陳式太極拳の体験会があり参加してきました。太極拳は以前からやっていますが、その太極拳は、高齢者が公園でやっているあのゆっくりした体操のようなものを想像しがちですが、この陳式太極拳は違います。米軍のキャンプなどで、兵士たちが実戦形式で習っている武術そのものの太極拳です。色んな太極拳は、元々、この武術としての陳式太極拳から派生してきたものなので、その型や動作は実戦の様であります。

毎日、大神子海岸まで往復6キロメートルをウォーキングし、大神子海岸で24式、48式太極拳を一人練習していますので、足腰には少々自信があったつもりですが、この陳式太極拳の体験は非常にハードでした。最初ですから、型のさわりだけでしたので、そんなに複雑な動作はありませんでしたが、こたえたのは練習前の基礎練習です。太極拳はもともと中腰で行いますが、この陳式太極拳の基礎練習は、楊式の簡化24式太極拳のそれと違って、かなりきつかったです。

ただし、永年、ウォーキング、ストレッチをやっているので、翌日、足腰が痛むことはありませんでした。
いままで、陳式太極拳の教室は、徳島県になくとなりの香川県にまで行かなければ習うことができませんでしたが、講師先生の話によると、今秋から徳島県でも開講を予定しているそうです。わたしとしては、毎週一回の練習に、香川県まで通うつもりで検討した経緯もありますので、この講座が始まれば参加してみようかなと考えています。

写真の雑誌は、田舎暮らしの案内に付いて、取材を受けた内容が掲載されています。過去の取材では、物件案内のみでしたが、今回は、わたしのアップ写真までおまけとして載っています。徳島で田舎暮らしと自給自足的生き方に興味のある方は、購入して読んで見られてください。徳島の田舎暮らし情報

|

« 台風6号後の大神子海岸で思うこと
平成23年7月30日
| トップページ | 小松島港に日本丸が寄港、平成23年8月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/52496685

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年夏の阿波踊りが済んで:

« 台風6号後の大神子海岸で思うこと
平成23年7月30日
| トップページ | 小松島港に日本丸が寄港、平成23年8月 »