« 本当の幸せを見つける、幸せ発見の法則 | トップページ | 陳式太極拳体験会、北島北公園総合体育館
9月18日 »

2011/09/17

映画「宮崎あおい」主演の「ツレがうつになりまして」に付いて

「宮崎あおい、堺 雅人」主演の「ツレがうつになりまして」が、
10月8日より劇場で公開されることになりました。

ここ最近、いえ、久しく、映画館なんかは行ったことないですねぇ。
でも、かわいい「宮崎あおい」が主演していることもあって、
見てみようと思ったんですけど・・・

宮崎あおいは、以前、アフラックのテレビCM、「アヒルのワルツ」で、知りファンになりました。あのCMに流れていた曲は、内容が非常に気に入っていましたので、この幸せ発見大作戦にて投稿したところ、アヒル関係者という方のコメントが返されていました。

曲のテーマは、「大きな夢は実現しなくても、日常の平凡な生活の中にこそ本当の幸せはある」というような内容だったと思いますが。詳しくは下記よりどうぞ。

http://siawase.way-nifty.com/siawasekurashi/2008/04/post_2e6d.html

今回の映画では、まじめな夫役の「堺 雅人」はどんな人か詳しくは知りませんが、うつテーマの夫役にはヒッタリの印象ですね。

映画「ツレがうつになりまして」のテーマとか内容が、
「うつ病」を題材にしていることも、見てみようと思った理由です。

うつ病の発症原因は、脳内ホルモンの代謝異常だということですが、それは、とくに真面目で頑張りすぎる人にそのような傾向があるようです。

「人生、遊び人」を自称しているわたしは、絶対にうつ病にはならない!との想いがありますが、でも、何事もこの「絶対に・・・」という考え方が、とくに危険なようです。

また、うつ病は、発症しても自分では自覚しにくいところがあるようですし、周囲の人も、外見上、状態が分からないので、励ましの意味で、ただ、頑張れ、ガンバレと逆に深みに追い込みがちですが、うつ症状の人に対しては、この励ましが、逆に作用することにもなりかねませんので注意が必要です。

チョッと、話はそれますが、いまの東北大震災の被災難民を前に、
頑張れ、頑張れと言っているのをみて、少し、怖いなぁという気がします。

地震、津波で、親族、財産、仕事等々のすべてを失い、
頑張る気力や生きる力さえもなくしかけている人達に対して、
周りの人は、もちろん悪意はなく、善意の気持ちからでしょうけど、
安易に、ガンバレガンバレとは言ってはいけないのだと思います。

「宮崎あおい」が主演する、ごく普通の夫婦が、このうつ病という、
現代の文明病とも言える病気が、どのような原因で発症して、
それを妻役の宮崎あおいがどういうところで夫のうつ症状に気が付いたのか、そして、夫婦の問題として、どのようにして、うつに立ち向かっていったのか、

その経過を通しての家庭環境や仕事を通じての人間関係などに付いて、興味が湧きましたので、そういったところに注意しながら鑑賞してみたいと思いました。

|

« 本当の幸せを見つける、幸せ発見の法則 | トップページ | 陳式太極拳体験会、北島北公園総合体育館
9月18日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/52753192

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「宮崎あおい」主演の「ツレがうつになりまして」に付いて:

« 本当の幸せを見つける、幸せ発見の法則 | トップページ | 陳式太極拳体験会、北島北公園総合体育館
9月18日 »