« 徳島のタコ釣り釣果、2キログラム | トップページ | 田舎暮らし向きの那賀川清流沿い中古住宅 »

2011/12/04

タコテンヤで釣り上げたマダコ1.3キログラム津田

Takoman2一昨日、釣ったタコは重さが約2キロありましたが、引き続いてきのうまた同じ場所へ行ってみましたところ、また、スグ釣れました。同じ場所です。以前は、10分くらいで5ハイも釣れた実績ある場所ですが、年によりムラがあり、去年は釣れませんでした。でも、釣れる場所を探り当てた時は感動です。釣りの本に載っていない釣りポイントを探すのも遊びの楽しみですね。

Takoman4この日は、海の状態は、風が強く波立っていました。でも、磯釣りのような危険性はまったくありません。車から降りてスグ始められて、嫌ならスグ止められる釣りの代表格がこのマダコ釣りです。仕掛けを投入後、1分。ズシリとしたあの感覚です。ほとんど根掛かりしたのと同じで、タコと根掛かりの見極めは慣れるとスグ分かるようになります。でも、引き上げのタイミングが遅れると、それがタコであっても底の岩や岸壁などに吸い付かれて、取り込むのは絶望的になりますから注意が必要です。

Takoman3タコは擬態の天才です。以前なんか釣り上げたまでは良かったのですが、水面で落としてしまいタコは水の中。タコは墨を吐いて海底に逃げて行きました。でも、その日は、水がキレイで海底の様子がよく見えていました。すると命が助かったタコは、一目散に逃げたまでは良かったのですが、海底で、瞬間、ボロ雑巾に変身してしまったのです。見た目は、使い古した雑巾が、水の中を波の動きに合わしてユックリあっちへ行ったりこっちへ行ったり。Takoman1


その光景に驚きながらも、こちらは天下の偉大なる人間様ですから、全てお見通しです。孫悟空がはるか彼方の三千世界に飛んで行っても、三蔵法師の手のひらの上だったというあの話と一緒です。しばらく見ているとまた、タコの姿に戻りましたので、その脇にポチャンと仕掛けを投入すると、また、疑似餌に覆いかぶさってくるのです。セッカク助かった命ですから大切に、同じ仕掛けなど見向きもしないのが懸命です。それなのに、タコは、疑似餌を動かすと一目散に襲いかかって来ると言う具合です。それがアホだと言う理由なのです。

タコ釣りのコツは、水面から空中に釣り上げた時に、浮力が切れますから、よく外れます。でも、スグにその周辺に仕掛けを落とすと、スグ、また、食いついてくるのが特徴です。それがアホなのですが、釣る側から言えば、それだけタコとのご対面のチャンスが増えますから楽しい限りです。

釣り場にフラっと立ち寄り、エサもなしで、釣り始めて5分以内に大きなタコに巡り合える、そして、スグ納竿できるタコ釣りはズボラな遊び人向きの釣りだと言えるでしょう。写真のタコは大きさ1.3キロ。茹でてこんな姿になりました。

|

« 徳島のタコ釣り釣果、2キログラム | トップページ | 田舎暮らし向きの那賀川清流沿い中古住宅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/53399940

この記事へのトラックバック一覧です: タコテンヤで釣り上げたマダコ1.3キログラム津田:

« 徳島のタコ釣り釣果、2キログラム | トップページ | 田舎暮らし向きの那賀川清流沿い中古住宅 »