« 徳島田舎暮らし特選物件情報 | トップページ | 2012年1月1日の峰神社へ初詣とウォーキング »

2011/12/31

大神子海岸、2011年の大晦日に思うこと

20111231_035未曾有の大惨事が起きた2011年もあとわずかで過ぎ去ろうとしています。それにしても歳月の経過はほんとうに早いものですね。ジャネーの法則はよく聞く言葉ですが、年齢を重ねるごとに、時間の進み方は、幾何級数的に早くなる。実感です。

それにしても、今までの停滞した自民党政治が終わり、とうとう変革の時が来た!日本国民の誰もが期待した民主党政権。 みんな期待しましたよ。公務員給与の削減、国会議員定数の削減、国家公務員宿舎削減等々、ついに政治、経済の停滞から脱却できるかも知れない・・・と。

20111231_025無駄を省けばいくらでも財源は捻出できると期待を抱かせた、マニフェストはことごとく反故にして、民主党のマニフェストにはなかった消費税増税については、野田総理は、不退転の決意でのぞむ!

これって、まったく詐欺ではありませんか。自ら宣言した身を削る努力は何一つしないで、瀕死の病人に鞭を振って働かせ、むしり取る所作は、昔の奴隷制度や封建制度にも似たひどい政治です。

結婚詐欺というのがありますが、美辞麗句をならべてその気にさせて、気が付けば全財産をむしり取る。いまの野田政権はそれとまったく同じではないでしょうか。

20111231_027_2ひょっとして、民主党に掛けたら、自民党政治に変わって、暮らし向きは今よりもっと、良くなるかも知れないと期待して民主党に投票した人も多いと思うのですが、現実には、民主党の言っていた、脱官僚どころか、自民党政治よりももっとひどい官僚べったりの政治状況になっていると思います。

20111231_028_2そんな時に行われた大阪の市長選挙。現職の平松陣営は、自民、民主に、共産党まで加わった組織型選挙でしたが、普段、選挙に無関心のはずの若者を始めとする浮動票を集め、勝利した橋下 徹市長。週刊誌等のこれでもかと言うほどのネガティブキャンペーンにも関わらず、圧倒的な票差での完全勝利。

目的は大阪都実現ということですが、その過程での府市統合、水道事業の統合、市営地下鉄、バス事業の民営化、公務員給与の削減等々、自らの給与、退職金大幅減額。

私は、大阪市民ではありませんが、次々と永年の懸案の解決を宣言し、言うだけでなく本気で実行し、実現してしまう勢いが見て取れて痛快です。

テレビ討論で、マニフェストが大幅後退したことを指摘された民主党の元大臣の衆院議員が、「法案は出しているのですが、野党が反対して実現できない・・・」と責任転嫁をしているのと比較して、大阪維新の会所属の市議会議員定数が過半数に満たないのにも関わらず、大阪版マニフェストが次々と、実現しそうな勢いを見るにつけ、胸のつかえがとれたように気持ちがスカっとした人も多いと思います。

大阪都実現には、地方自治法改正が必要で、当初は、多くの有識者、学者が、ハードルの高さを指摘し、大阪都実現はかなり難しいと言っていましたが、橋下 徹市長の素早い実行力、行動力を見るにつけ、日本の副首都、大阪都が本当に、早期に実現するのではないかと思う次第です。

この橋下大阪都構想が、日本の堕落した政治の突破口になるかも知れないとの想いは多くの国民が持っているのではないでしょうか。それだけに、大阪人以外の人達にも共感を得ているのではないかと思います。

腐敗した仕組みをガラガラポンで作り直すこと。これは地方自治の仕組みに留まりません。大阪の改革が、今や、日本全体の仕組みを変えるキッカケになって欲しいと願うのは、私だけではないと思います。ガンバレ、頑張れ大阪。

東北沖地震と、それに伴う原発事故で、悲しみ癒えぬ2011年でしたね。復興計画も遅々として進みませんが、来るべき2012年は、ひょっとして、日本にとって、大いなる飛躍の年になるのではないかと思う次第です。来るべき新年が、閉塞感漂う日本のターニングポイントになってくれることを願うばかりであります。さらば2011年。諸行無常。

|

« 徳島田舎暮らし特選物件情報 | トップページ | 2012年1月1日の峰神社へ初詣とウォーキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/53620631

この記事へのトラックバック一覧です: 大神子海岸、2011年の大晦日に思うこと:

« 徳島田舎暮らし特選物件情報 | トップページ | 2012年1月1日の峰神社へ初詣とウォーキング »