« 徳島県阿南市郊外の田舎暮らし中古住宅家庭菜園付き | トップページ | 徳島県吉野川中流域の里山にある築100年の古民家 »

2012/03/17

平成24年3月17日土曜日雨のち晴れ

きのうは県外のお客様の依頼で、ある場所の土壌サンプルを採りに行きました。それにしても、土を送ってくれと言われたのは初めてです。やはり、福島の原発事故の影響が、徳島までも間接的に影響jしているんですね。

きょう、3月17日は雨。夜半からかなり激しく降っていた模様で戸外の道はびしょ濡れの状態です。土壌サンプル採取を昨日、済ませておいて良かったです。それでも7箇所の地点で、各500gと指定されていましたので総重量は3.5キロのはずですが、ハカリなんてありません。

目分量で多めに採ったので、荷造り後は相当の重さとなりました。それで、早速、小松島の金磯町にあるヤマトの宅急便に持参したところ、受付の女性は、荷物が何か爆発物か不審物ではないかと疑いを持ったのか分かりませんが、荷物を開封して、中身を確認しても良いかとのこと。

せっかく、丁寧に梱包していたのにカッターナイフでスパッと切られてしまいました。中身を確認して、「土ですね」のそっけない返事。「アホッ、だから最初、そう言っただろ!」とは言いませんでしたが、あまり気分の良いものではありません。今度は、梱包テープで乱雑に、非常に汚く貼り直しました。

それにしても応対の横柄なこと。海外旅行から帰ってきた空港の税関ではなく、クロネコ宅急便の営業所で、客商売でしょう。規定で、点検しなければならない場合でも、もっと、丁寧な説明があってしかるべきだと思うのですが、あまりに上から目線の対応にチョッと腹立たしい瞬間でした。

朝から愚痴を言ったところで、そろそろ仕事の時間です。まだ、外は雨が降っているようですが、天気予報によると、昼からは雨が上がり曇りになるとのことです。どんなに激しく雨が降ってもいつかは晴れる、昔、久保浩という歌手が歌っていたのを思い出しました。

「どんなに雲が黒かろと、雲の上には太陽が~、真っ赤なデッカイ太陽が、あぁ~、降ってもいつかは晴れるんだ~」このフレーズ忘れません。そんな気持ちで、きょうもダッシュ!
ん、久保浩ってだれ?いつの話し?歳ですね。
諸行無常。諸法無我!

|

« 徳島県阿南市郊外の田舎暮らし中古住宅家庭菜園付き | トップページ | 徳島県吉野川中流域の里山にある築100年の古民家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/54240546

この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年3月17日土曜日雨のち晴れ:

« 徳島県阿南市郊外の田舎暮らし中古住宅家庭菜園付き | トップページ | 徳島県吉野川中流域の里山にある築100年の古民家 »