« 田舎暮らしのための物件調査 | トップページ | 腰痛克服、大神子海岸と大極拳 »

2012/04/30

徳島県美波町海が見える別荘へいく

20120429_014きょうは徳島県美波町にある太平洋ひとりじめの別荘へ行って来ました。目的は、直接的な仕事ではありませんが、先日、忘れていた書類を取りに行ったという訳です。最近は、お客様の意識の中に「海が見える」というキーワードに変化が生じてきているようですね。

20120429_010やはり、それは東日本大震災による津波被害のことが色濃く影響しているのだと思います。以前なら、海が見える物件=癒しだったのですが、今は、海が見えて、なおかつ津波の心配がない物件を希望するというのが、大方のキーワードのように思います。

20120429_007きょうのこの別荘は、場所が、海抜200メートルくらいあるので、津波の心配は一切ありませんが、それでも海が見えるというテーマで、海という語句が入っているだけで少なからず影響は受けているのだとも思いますが。それでも、きょうの別荘から見える風景は、ほんとうに癒しの風景が広がっていました。脳波は完全にアルファです。

20120429_017うぐいすの奏でるメロディの中で、白い雲と海の青、そして山の緑が織りなすハーモニーがたいへん感動的で、暫らく、わたしを別世界へ誘ってくれます。敷地の内外はいままさに新緑の真っ盛りです。敷地の一画で、天然の地フキがたくさん成長しているのが見えるでしょうか。

美波町は、四国東岸にあり、黒潮が迂回して紀伊水道に入って来る影響で、冬でも徳島市より4~5度は気温が高いのですが、この冬はさすがに寒いシベリアの寒気団の襲来で、敷地内に植えている芭蕉が枯れたようになっていたのですが、きょう訪れてみると、力強く芽吹いているのを確認することができました。 自然の回復力というか生命力を実感致しました。それで、何枚か写真を取り、徳島行となった次第です。詳しくはこちら

|

« 田舎暮らしのための物件調査 | トップページ | 腰痛克服、大神子海岸と大極拳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/54590966

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島県美波町海が見える別荘へいく:

« 田舎暮らしのための物件調査 | トップページ | 腰痛克服、大神子海岸と大極拳 »