« 太極拳の套路を練習するコツと大極拳の効用 | トップページ | 大神子海岸への道、アケビの実発見! »

2012/06/14

大鳴門橋とウチノ海とスマートフォン

Naruto1先日、鳴門公園方面へ行った時の風景です。お客様にある場所の調査を依頼されて、所有者宅へ訪ねて行く途中、キレイに大鳴門橋が見えましたので、携帯カメラで写した次第です。

鳴門スカイラインンの展望台からウチノ海も見えましたので、ついでにパチリ。

Naruto2いつもクルマにデジカメを載せていますが、ほとんど使ったことがありません。携帯カメラはほんとうに重宝しています。最近は、スマートフォンが異常なほど普及してきているようですが、まだ、利用しようという気分にはなりません。スマートフォンはパソコン画面がそのまま見えるので便利だと言うことですが、あんな小さい画面を見ているとものすごくストレスが溜まりそうで・・・。

Naruto3リアルタイムに情報を処理できるからということで、ビジネスマンには大変便利そうですが、わたしには、今のところ携帯で十分です。一応、10インチのネットブックも持っていますが、結局、ほとんど使ったことがないので、キッと、ムードに押されてスマートフォンを買っても宝の持ち腐れになりそうです。昔は、携帯なんてなくても普通に幸せに生活できたのです。ポケットベルが登場しただけでも超便利な時代だと感嘆したものですが、今は昔・・・・・

時代の流れとはいえ、現代社会は、日進月歩、秒進分歩で進んで、生活はより便利になりましたが、その反面、ストレスから来る心の病気や、原発事故、無秩序な森林伐採が原因の土砂災害。覚せい剤や脱法ハーブが原因と思われる重大な犯罪や交通事故等々。私達は、便利さの裏で、こんなにも大きな負の代償を支払わされているのです。昔ののんびりした時代、あの昭和の時代が懐かしいですね。

携帯がなくても不便は感じはしなかったのではないでしょうか。小学校唱歌や童謡に出てくるような風景は、いまはどこにもありません。便利さを享受しながらも、科学技術の進歩に少し疑問を感じるものです。

携帯の話から大きな話に飛躍しましたが、生き方自由自在を自認する私としては、そういう理由で、スマートフォンには、今のところ縁がなさそうです。これは対外的な公式見解。その本当の理由は、よくもまあ、あんな小さい画面で・・・。結局のところ、字が小さくて読みづらい。あぁ、もう、そんな領域なのか!ジャネーの法則より(了)

|

« 太極拳の套路を練習するコツと大極拳の効用 | トップページ | 大神子海岸への道、アケビの実発見! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/54956805

この記事へのトラックバック一覧です: 大鳴門橋とウチノ海とスマートフォン:

« 太極拳の套路を練習するコツと大極拳の効用 | トップページ | 大神子海岸への道、アケビの実発見! »