« SIMフリーモバイルルータ L09C、スマホ料金の高さにお悩みの方に朗報! | トップページ | 大神子海岸への道、マムシ登場2014年7月12日 »

2014/07/11

島根県江津市石見川越と石見銀山への旅、平成26年6月28日~29日

Sm1先日、島根県の江津市石見川越(いわみかわごえ)と言うところに行ってきました。6月28日早朝、自宅をクルマで出たのが4時30分。まだ、時間が早いため、国道11号線は、交通量少な目です。Sm10


(駅舎看板に注目!ツバメがヒナを子育て中)

Sm3鳴門インターから高松道に入り、石見川越に向けて一直線。どうして?島根県?石見川越(いわみかわごえ)?と思われるかも知れませんね。

それは、以前、YouTubeで見た「いわみかわごえ」を紹介している動画を見て、どうしても現地を見てみたかったというのが理由です。案外、単純なのです。
(写真:線路の方向は江津市、JR山陰本線江津駅方面)

Sm7それと、高速道のETC、休日50%割引が、6月29日(日)で終了するということでしたので、それならばと、お得なうちにと、急に思い付いて出発したものです。そのためなのかは分かりませんが、道中、立ち寄ったサービスエリアはどことも満杯でした。普段、徳島県内にいるときは、カーナビを使うことはありませんが、知らない土地に行くときはカーナビはほんとうに便利で、助かります。

Sm5高松道、瀬戸中央自動車道、山陽道、広島道、中国道、浜田道へと、ジャンクションでの乗り換え指示が早めに案内されるので、ウロウロすることもなく一気に、JR三江線、いわみかわごえ駅に到着することが出来ました。所要時間は約5時間で、午前9時30分過ぎには現地に到着することが出来ました。

Sm9YouTubeの動画では、「いわみかわごえ」が、江の川(ごうのかわ)よる氾濫で壊滅的な被害を被った歴史が度々あったということ、そして、その度ごとに住民が団結して、力強く、逞しく生きてきたということです。

Sm12動画内では、旧川越大橋や、川越小学校、中学校が写っていますが、その何れもが今はもうありません。それでも複数をアップされている動画を見て、ぜひとも、一度、石見川越に行ってみたくなったという次第です。

Sm11近くの石見川越駅では、かつては、単線ではあるのですが、JRの広島県三次方面への下り線と、山陰本線江津市方面への上り線と、ホームが二つあったということですが、現在は、ホームが一つの無人駅となっています。今のさびしい駅舎の風景からは、過去に、ここに大きな賑わいがあったことはまったく想像できません。

Sm13そんな小さな駅舎の入り口に、ツバメが巣を作っていて、数匹のヒナがこちらを覗いていました。駅舎の横の小さなスペースにクルマを停め、今は、堤防が改修されて、水害の不安がなくなった江の川に沿って歩いてみました。

また、川越小学校や中学校の跡地へも行ってみました。
(写真:上の写真は道の駅ゆうひパーク浜田から見た浜田港)

Sm14今の静寂から、ここに動画内のような賑わいがあったことを思うと、何か不思議な気持ちになりました。その川越小学校跡地近くに、地元のお年寄りが二人、世間話をしていたので、昔の話を聞かせて頂きました。

(写真:道の駅ゆうひパーク浜田)

一泊二日の予定でしたので、石見銀山(いわみぎんざん)世界遺産センターに立ち寄り、そこが世界的に有名な銀山であったことをしり、実際に、銀山採掘のために掘られた「間歩」と呼ばれる 坑道にも行ってみたかったのですが、遺跡保護のためクルマでは行けないということです。

その「間歩」は、世界遺産センターから離れた場所にあり、遺跡群をざっと見て回るだけで最低でも何時間か必要だということであきらめ、国道9号線に出て、日本海を右手に見ながら、宿泊予定の島根県浜田市方面に向かいました。

島根県は、ズッと昔、まだ、高速道路などが整備されていないとき、フェリーで瀬戸内海を渡り、岡山市から新見市を経由で、約10時間も掛けて、松江市に行った記憶がありますが、西の方、江津市や、浜田市は今回が初めてです。

この駆け足の旅で、気が付いたことがあります。それは瓦の色です。徳島県をはじめ四国内では、住宅の屋根瓦の色は、一般的にクロが普通です。たまにはグリーンやオレンジ色も見掛けますが、ほとんどクロです。ところが、広島県に入ると、屋根の色がオレンジなのです。

それは、島根県に入っても変わりません。右を見ても左を見ても、屋根瓦はすべてオレンジで、普段、クロに慣れている者には、何か異様な感じが致しました。何はともあれ、また、機会を見付けて、石見銀山や、三瓶山とか、津和野などにも来てみたいなぁと考えながら、浜田市のホテルへとクルマを走らせました。


|

« SIMフリーモバイルルータ L09C、スマホ料金の高さにお悩みの方に朗報! | トップページ | 大神子海岸への道、マムシ登場2014年7月12日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/59964927

この記事へのトラックバック一覧です: 島根県江津市石見川越と石見銀山への旅、平成26年6月28日~29日:

« SIMフリーモバイルルータ L09C、スマホ料金の高さにお悩みの方に朗報! | トップページ | 大神子海岸への道、マムシ登場2014年7月12日 »