« 台風11号通過後の大神子浜風景、平成26年8月27日 | トップページ | 太極拳の効用、呼吸数と寿命の関係に付いて »

2014/09/10

大神子海岸で連日、タチウオ、アジ、セイゴが入れ食い状態

2014910_023阿波踊りが終了した頃より、早朝の大神子海岸では釣り人、否、今はルアーデ釣る人のことをアングラーって言うんですかネェ。エサ釣りをする人は見えません。そして、ほとんどが若い人ばかりのようです。


近くに停めているクルマや釣り人の格好を見ると、仕事前にチョッと釣ってと言う感じです。仕事で強制されると、人は不平不満ばかり言って動きませんが、好きなことをするためには、早朝、4時、5時に起きるのは何ともないのでしょう。毎日、同じ車が停まっています。

こんな調子で、勤め先でも時間を忘れてしまうほど、仕事をこなしてくれると、雇っている会社の社長は儲かってウハウハなのでしょうけど・・・。

2014910_006連日、釣り人は、一人か二人でしたが、きょうはよく釣れているなと思う次の日には、急に人が増えます。そして、昨日は、南の端の方で入れ食い状態でした。もっともわたしは、いつも南の方の浜にいるので北の方は分かりませんけど。

50メートルほど離れた場所から見ているだけなので、はっきり分かりませんが、そんなに大きな魚ではなさそうです。たぶんセイゴだろうとわたしの想像です。最近、ルアーにタチウオの指2本くらいの小さなものが釣れているようでしたが、昨日の大神子海岸では、
タチウオは見えません。

2014910_025釣れている魚の魚種は、ルアーに来るので姿、形から「セイゴ」だと思います。こういった情報は伝わるのがほんとうに早いですネェ。最近の若者は、ツィッターやフェイスブックで情報発信しているのか、電話で情報を流しているのか定かではありませんが、きのうは全般に釣果が良かったようです。それで、きょう、早朝、5時半くらいに、大神子海岸に付いて見ると、北の端から、南の端まで釣り人で埋まっていました。

普段、大神子海岸にやってくる人は決まっていて、その人達が釣り人に聞いたり、見たりした話では、アジ、サヨリ、タチウオ、セイゴ等々がたくさん釣れているという話です。

2014910_018なんでお前は、毎日、大神子海岸に行っているのに、聞いた話しばかりなの、と思うでしょうが、わたしは以前は、朝、昼、晩と年がら年中、ふかせ、ルアー、落とし込み、胴付やらの釣りをしていましたが、

.
(台風11号が運んできた大きな流木)
自然に止めてしまって、今はもっぱらウォーキングのみです。大神子浜に着いてからは、ストレッチ、陳式太極拳をして身体をほぐして帰るのみです。それで遠くから見ている、と言うより偶然見えるというのが正しいと思います。

それでも9月に入り、以前、やっていたタコ釣りと、胴付仕掛けのカワハギ釣りはしてみようと思っています。またそのうち、釣果を報告できるかも知れません。この夏には、よく見掛けていたマムシも最近、少なくなっていましたが、
また、昨日ときょうも、道路上で出てきていました。大神子海岸へ続く道路上で、頻繁に見掛けますが、それでも、それはごく一部でしょうから、この大神子、日の峰山中には、いったいどれくらい生息しているのでしょうか。

あのやかましいミンミンゼミの鳴き声も聞かなくなり、暦の上ではもう完全に秋なのですが、まだまだマムシは活発に活動しているようです。まだ、しばらくは、ウォーキング中もしっかり前を見て歩く日が続きそうです。クワバラ、クワバラ。

|

« 台風11号通過後の大神子浜風景、平成26年8月27日 | トップページ | 太極拳の効用、呼吸数と寿命の関係に付いて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/60292784

この記事へのトラックバック一覧です: 大神子海岸で連日、タチウオ、アジ、セイゴが入れ食い状態:

« 台風11号通過後の大神子浜風景、平成26年8月27日 | トップページ | 太極拳の効用、呼吸数と寿命の関係に付いて »