« 大神子海岸で女性介護士の死亡事故発生!台風11号一過の海岸で溺れる | トップページ | SeesaaブログをWordPressに引っ越しは簡単ではない »

2015/07/20

大原町の住宅街を往く1メートル超えのヘビ!青大将

Hebi1先日、夕方、出掛けようとして自宅から市道へ出てみると、道の真ん中を何かがうごめいているのが見えました。最初は何か分からなかったのですが、ニョロニョロト言うか、
(写真クリックで拡大)

クネクネト言うのが正しいのかは分かりませんが、それがヘビだと言うことはスグに分かりました。


普段、早朝に、大神子海岸までの片道、約3キロメートルを歩いていますが、夏場の早朝には、大神子への車道で毒蛇のマムシが這っているのを見掛けますが、そのサイズは大きくても50センチ位ですが、この自宅横の路上を這っていたのは、勇に、1メートル以上あることはスグ分かります。

たまたま近所の人が通りかかったので、ヘビの出没を知らせると突然の来訪に驚いていました。ただ、このヘビは、毒のない青大将でしたので、危険はないですが、でもなぜ、住宅街に現れたのか不思議です。近くには、ヘビが棲息するような草むらもありませんし、山からはかなり遠いので、どのような経路で、こんな団地に来たのでしょうか。

もう、久しく、ココに住んでいますが、以前は、朝、起きてみると、家の前を近くの水路から出て来た泥カメが、舗装の上をノコノコ歩いていた?のを見掛けましたが、用水の護岸もコンクリートで整備されてからは、水質も悪化し、そんな光景はまったく見掛けなくなっていたので、大きなヘビの出現にはビックリです。

ひょっとして、どこかの家の守り神として、団地の家屋の天井にでも住みついていたのが、先日来の暑さと湿気の酷さで、居たたまれなくなって、夕涼みに現れたのかも知れないですね。

記念に、写真を撮るべく、持っていた携帯カメラを向けると、道の中央をユックリ這っていたのが、スピードを上げて、自宅のブロック塀に沿って、隣りの屋敷に行ってしまいました。その後、ヘビ君の消息は分からなくなり、以後、この大きな青大将を見掛けることはありません。

ちなみに、道路側溝のフタの長さが、一個、50センチですから、それと比べてみると、このヘビの大きさが分かると思います。

|

« 大神子海岸で女性介護士の死亡事故発生!台風11号一過の海岸で溺れる | トップページ | SeesaaブログをWordPressに引っ越しは簡単ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/61920472

この記事へのトラックバック一覧です: 大原町の住宅街を往く1メートル超えのヘビ!青大将:

« 大神子海岸で女性介護士の死亡事故発生!台風11号一過の海岸で溺れる | トップページ | SeesaaブログをWordPressに引っ越しは簡単ではない »