« 大神子海岸の潮騒で陳式太極拳と四十八式太極拳 | トップページ | 大神子海岸で女性介護士の死亡事故発生!台風11号一過の海岸で溺れる »

2015/07/19

大神子海岸!台風11号通過のつめ跡2015年7月17日

2015716taihu112015年、今年は長雨続きで梅雨も明けないのに、台風11号が、四国に上陸。運転免許練習中で、仮免許の 教習生が、初めて路上に出たような超スローなスピードで徳島県を通過。台風接近なんて聞いても、生来、台風銀座の四国に住む者としては、割りと慣れっこの部分もありますが、

でも、今度の台風11号は、近年、徳島県に接近、通過した台風としては、半端ないほどの強風が、長時間に渡って吹き荒れました。

2015716taihu17例年だと、徳島県に接近、上陸、通過しても、暴風雨が吹き荒れる時間は比較的短く、早いうちに徳島県から遠ざかっていくのですが、今度の台風にだけは、「早くどっかへ行ってよ!」とお願いしたくなるほどのニジリ、イザリのスピードでした。

台風が高知県、室戸岬沖に来たときは、徳島市は暴風雨の真っただ中。携帯の緊急メールには、次々と、避難準備や避難指示を知らせるメールが着信してきましたが、「この暴風雨の中、非難する行動の方が危ないのではないか」と思った次第です。

2015718taihu1写真は、台風11号が四国に上陸した16日の早朝5時頃の大神子海岸と、台風通過後の18日早朝、同じ5時頃の同じ場所風景です。16日朝は、波は高いもののいつものことなので、普段と同じように簡単にストレッチのあと、陳式太極拳新架居Ⅰ、Ⅱと四十八式太極拳を途中まで練習していると、知人が来たので中断し、一緒に帰りました。

2015716taihu18風はそんなに強くありませんが、雨交じりで傘をさしたり、閉じたりで帰り着いたときは靴がビショビショ。台風通過の17日は、終日、雨が降り続きたので、ウォーキングは中止。

そして18日の朝、大神子海岸に着いて見て、ビックリ仰天!

過去にも台風通過後は、浜辺の砂が内陸の遊歩道部分にまで打ち上がり、流れ着いたゴミや流木でいっぱい。歩くのもままならない状態になっていることはタビタビでしたが、ゴミや溜まった砂を除ければ、またキレイな浜辺になりました。

2015716taihu12それが、今度の台風11号では、公園の土の中に埋め込んで、動かないようにして固定しているイスやベンチ、テーブルまで流され、ひっくり返っています。また、私の大事な太極拳練習のステージ?の床板の大部分が剥がされ、流されていました。ウッドデッキ状の床板は、風雨に耐えるように、ハードウッドを、金属製のボルトで大引きに留めていたことが分かりましたが、それが吹っ飛ぶほどの風と、波の影響によるものでしょう。

2015716taihu19早朝の浜辺に来ることは、顔を洗い、歯を磨くことと同じで、このウォーキングと太極拳から一日が始まるので、一日も早い普及を祈るのみですが、元のようになるのは、かなり先になるのではないかと思います。それまでは、場所を変えて、以前、上がっていた日の峰山頂にしようかとも思います。

台風11号の通過したあとの日曜日19日の朝、大神子の潮騒のリズムだけは、以前と同じ音に戻っていましたが、すでに、台風12号が日本接近中との報。今年は、本格的な台風シーズンはもっと先なのに・・・。もう、勘弁して欲しいと言うのが偽らざる心境です。クワバラ、クワバラ!


|

« 大神子海岸の潮騒で陳式太極拳と四十八式太極拳 | トップページ | 大神子海岸で女性介護士の死亡事故発生!台風11号一過の海岸で溺れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86737/61914780

この記事へのトラックバック一覧です: 大神子海岸!台風11号通過のつめ跡2015年7月17日:

« 大神子海岸の潮騒で陳式太極拳と四十八式太極拳 | トップページ | 大神子海岸で女性介護士の死亡事故発生!台風11号一過の海岸で溺れる »