2015/07/15

大神子海岸の潮騒で陳式太極拳と四十八式太極拳

400300omikohama陳式太極拳老架一路の講座に3年ほど通っているとき、偶然、徳島にも陳式新架一路、二路の教室が出来ていることを知ったのが、約1年6か月前です。努力の甲斐?かどうかは分かりませんが、新架一路83套路を覚え、続いて二路60套路を覚えることが出来ました。これで、伝統陳式太極拳を本格的に学んでいくスタートに立てたと言う気が致します。 陳式太極拳南部教室


続きを読む "大神子海岸の潮騒で陳式太極拳と四十八式太極拳"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/19

徳島市南部地区で太極拳練習生募集中

太極拳練習生募集中

徳島市南部、南部中学校の体育館で、伝統陳式太極拳新架一路の講座があります。毎週、日曜日の夜、7時~8時45分です。

基本的には、陳式太極拳新架式の講座ですが、太極拳初心者の場合は、二十四式太極拳とか楊式二十八式太極拳や、総合四十二式太極拳でも大丈夫。丁寧に指導して頂けます。

徳島伝統陳式太極拳研究会

ケセラセラの人生行路

続きを読む "徳島市南部地区で太極拳練習生募集中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/27

太極拳で身体を柔らかくすることの意味

Repulse_ink生まれたての赤ちゃんの体はグニャグニャ。
自我と言う自分の心はまだありません。あるのは、両親をはじめ多くの先祖から受け継いできたDNAによる本能的意識のみ。これからの両親や社会での教育しだいで、どのようにでも成長発展する可能性を秘めています。

続きを読む "太極拳で身体を柔らかくすることの意味"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/19

徳島陳式太極拳新架一路の練習日2015年1月18日

陳式太極拳練習日、1月18日

昨日は陳式太極拳新架一路の練習日でした。徳島県には以前、新架式を教えてくれる教室がなかったので、当時、できた陳式太極拳老架式の講座へ行っていましたが、どうしても陳式太極拳新架一路、二路をやりたかったので悶々としていましたが、あるとき、偶然にも、永年、伝統拳の新架を研究している老師の記事を見付けました。
伝統陳式太極拳老架一路も、二十四式や、四十八式から比べると、套路の数も多く、動きも楊式のそれとは違うので戸惑いましたが、それなりに面白く、練習に明け暮れていました。

続きを読む "徳島陳式太極拳新架一路の練習日2015年1月18日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/29

陳式太極拳新架一路by大神子海岸2014年9月29日

2014929_1月日が経つのは早いものです。暑かった夏もいつの間にか季節は移り、今や秋真っ盛りですね。今年の夏も酷暑が続くと予想していた気象予報士もいましたが、その予想は見事に外れ、


朝晩はかなり涼しくなり、早朝には長袖のTシャツで出ないと、少し肌寒いです。台風11号で大神子浜の公園まで打ち上げられていた流木やゴミも、2~3日前に、やっと取り除かれてきれいな大神子に戻りました。

2014929_2大神子で唯一、浜の南側、カメ公園付近にあるウッドデッキ上のステージが、太極拳の教室です。教室と言ってもわたしの他には誰もいません。勝手に、ここで、早朝、太極拳を練習しているので、一人教室と言うわけです。

8月10日以来、このウッドデッキ上のステージには、流木とゴミが積もっていましたので、清掃が終わった2~3日前までは、カメの公園に移動して練習していたのですが、やっと元の古巣に帰ってきたという感じです。

続きを読む "陳式太極拳新架一路by大神子海岸2014年9月29日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/16

太極拳の効用、呼吸数と寿命の関係に付いて

ただ今、健康法の一環として毎朝のウォーキングの他、陳式太極拳を習っています。約3年間ほどは陳式太極拳の老架一路を習っていましたが、陳式の新架一路をやっています。基本的には同じ陳式太極拳ですから定式はどちらも、ほぼ同じような形ですが、套路のつなぎの動きが、新架一路の方が老架一路のそれより複雑であり、武術としての形を色濃く残しています。

続きを読む "太極拳の効用、呼吸数と寿命の関係に付いて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/28

徳島の陳式太極拳老架一路練習日2014年2月28日

きょうは陳式太極拳老架一路の練習日です。

以前は、規定套路の二十四式太極拳を覚え、それがきっかけで四十八式、四十二式と練習しましたが、一向に上達しないまま、今、陳式太極拳をやっています。

もっとも、太極拳は、健康法として始めただけなので、楽しく、面白くやっているだけです。徳島には、楊式の二十四式や、四十八式などの太極拳講座や教室はたくさんあるのですが、陳式太極拳の講座は、非常に珍しいです。

老架一路をやりながら、陳式新架一路もやり始めました。
陳式新架一路は老架一路から分岐して興ってきた流派だと聞きますが、動作としては、新架一路よりかなり複雑で激しい動きです。

老架一路の方は、套路だけは覚えたのですが、新架一路は入門クラスで一段目です。もちろんですが、練習は老架一路とは別の講座です。

徳島では、陳式太極拳の教室がほとんどないので、練習している人が少ないので、どなたか一緒に練習してくれる人がいればうれしい限りなのですが。大神子海岸までウォーキングで歩き、浜の隅っこで、一人、練習しているので、興味があるお方はお声掛けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/27

徳島の陳式太極拳老化一路講座

きのう10月26日は陳式太極拳の練習に行って来ました。ストレッチも含めて全2時間の練習です。普通、テレビなで、高齢者が公園でのんびり、ゆっくりやっている太極拳を見ますが、あの太極拳は、陳式太極拳から派生した楊式太極拳で、主に簡単二十四式太極拳と呼ばれているものです。

この陳式太極拳は、その源流といえるもので動作も複雑でなかなか難しいです。体勢も楊式のそれと比較して、かなり低い姿勢で動作しますから、運動量はかなり大きいと思います。過去に二十四式や四十八式などをやって来ましたが、この陳式太極拳はなかなかついて行けません。

それでも二時間タップリ練習した後は気分爽快で、心地良い疲労感があるだけです。人間、生きていると次々と煩悩が生じて来ますが、それに真剣に向きあっては行けません。でも悲しいかな、意識でもって、思わないようにしよう、考えないようにしようと、努力すればするほど、その煩悩の渦に巻き込まれてしまい、抜き差しならないところに追い込まれてしまいがちです。努力逆転の法則ですね。

太極拳の練習をしている時だけは、確実に自分という存在を忘れることができます。真剣に思い悩むことから開放されるのです。「人生、なるようになる。なんくるないさぁ~」それが一番の効用です。練習し始めると、脳波は、すぐにアルファ状態になります。それが、心とカラダの健康にも大きく関係しているのだと思います。「剣禅一如」という言葉がありますが、カラダを動かすことで、クヨクヨしなくなるのは確実です。心とカラダは連動しているのですから。

わたしもかつては、毎月、慢性の扁桃腺肥大が原因で起こる40度超の高熱にうなされ、重症の腰痛でトイレに行って布団に戻るのに激痛で2時間も掛かったこともありました。そんな苦しい状態が長期間続きました。そんなツライ症状がすべて消えてしまいました。

この太極拳健康法は、即効性はありませんが、続けることによって、本来、人間が持っている免疫力が向上するのだと思っています。そのため、一個の症状が消えると、他の症状も一緒に消えていったのは驚きです。現在、心の葛藤やモヤモヤした気分の人、どことなく体調が優れない人は、この気候の良い秋をスタートに、是非、太極拳を始めて見られると良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/12

太極拳の套路を練習するコツと大極拳の効用

きょう、2012年6月12日、陳式太極拳老架一路の講座が終了しました。終了といっても、また、7月に入れば、スグ、新しい講座が始まるのですが、一応、今回の分は終了です。毎回、9回ずつのローテーションですので、途中の更新手続きが少々、面倒くさいですが、きまりなので仕方ありません。

この陳式太極拳老架一路を始めて、約一年になりますが、74套路のうち、まだ、正式には18式までですから先は長いですね。自分なりには、一応、DVDや市販テキストで40過ぎまで套路を覚えましたが、先々、勝手に進むことに付いてはどの講座でも批判を受けます。

勝手に覚えることで、間違った癖が付いてしまい、軌道修正が困難であると言うのが理由のようですが、わたしは、健康法としてだけでやっているし、大会や発表会に出る訳でもないので気にしません。太極拳の套路は、覚えにくいことは確かですが、そうだからこそ、流れの概略を頭にイメージできるまで繰り返し、DVD を見るのです。

そうして、套路の概略がイメージできてくると、実際の講座での指導のポイントが良く理解出来るのです。過去に初めての24式講座でなかなか憶えられなくて苦労しましたが、48式や総合では、この方法に切り替えてから套路を覚えるのが非常に早くなりました。大極拳の套路が憶えられなくて苦労している方は、一度、お試し下さい。

但し、DVDを2~3回見てもダメです。穴のあくくらい、たとえば100回でも200回でも繰り返し見ていると、頭に動きのイメージが整ってくるのです。あとは、そのイメージを追いながら動けば、スムーズに套路は続きます。わたしたちは、ノートや画用紙に円を描く時、コンパスを使います。

以前、ある実験を見たのですが、イメージで真円を描くことが出来る人は、コンパスがなくても真円を描くことができると言うものです。但し、この方法だけでは、細部までは分かりませんので、実際に、教室なり講座では、ポイントをドシドシと指摘してもらいましょう。

その時、気を行けたいことは、実際の講座では、進んでいる課題以上の動作をしてはいけません。先に覚えると、次々、動きたくなりますが、ジッと我慢する必要がありそうです。大極拳の講座では、まだ、教えていない動作をすることは講師先生にとって気分が良くないことは確かです。

それを見て、理由を訓示されますが、どこの講座でも同じことを言います。「勝手に覚えると間違った癖が付く」というのがもっともらしい理由です。でも、わたしは、できるだけ套路を覚えて、それを見てもらい、間違いや、練習のポイントを指摘してもらう方が、圧倒的に理解は早いと実感しています。

最初は、分からないところは質問してと言われますが、套路が分からないと、何を質問したら良いのか、それさえ分からないものです。套路のイメージが出来てくると、分からない部分、質問するべき箇所が分かってくるのです。それで、グングン覚えるスピードが加速することうけ合いです。

ただ、套路を覚えることが大極拳の完成ではなく、套路を覚えた時からが、本当の大極拳の修行のスタートだと思います。なぜなら、大極拳は、単なる体操ではなく、動きを通しての自己発見っていうか、まさに動く瞑想であり、インナートリップの手段だと思います。

このように、大極拳を通して受容的な生き方ができ、健康が実現することはもちろんですが、究極的には、大極拳は、人生をより良く生きるための道具であると思いますす。そういう意味で、大極拳はまことに奥が深いと思うし、一生完成はないのだと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/08

香川県の陳式太極拳新架一路講習会に参加してきました

先日、5月6日のことですが、さぬき市津田町の多目的研修施設で陳式太極拳新架一路の一日講習会がありまあした。実は、先月の下旬にも一日講習があり見学を兼ねて行ってみたのですが、その日は、新架二路の講習会でした。

新架二路のことを知っていたなら行かなかったのですが、陳式の新架一路も二路もあまり違いはないだろうとの安易な考えでの体験参加となった次第です。前回の時、一路の講習階が6日にあることを聞いていたので、この体育館に来たのは、今回で二度目です。前回は、見学目的でしたので、昼まで帰りましたが、今回の新架一路の講習会では、午前10時~午後4時30分迄、終日参加しました。

陳式太極拳は素人ですが、何回も何回もコーヒータイムがあり、こちらの方も楽しく和気あいあいで、一日を過ごすことができました。講習会に来ている人達は、皆さんベテランで永年、やっている方ばかりのようで、ご親切にも指導してくださりたいへんありがたかったです。毎回、広島県から参加されているという方ともお話しさせて頂きました。

そのお方は、前日に、香川県に来て宿泊、翌日の講習会に終日参加して、夕方、講習会が終われば、そのまま、新幹線で広島まで帰るのだと言うことです。以前、陳式太極拳で全国大会にも参加したことがあるという実力のお方だということです。

右を見ても左を見てもそんな方ばかりで、新米はわたし一人。無謀にも、そんな中に飛び込んで行ったのですが、ほんとうに面白く、あっという間に終了の4時30分になりました。練習の途中、途中で何度となく、武術的意味を解説し、実演してくれます。なるほど、そういうことで、こんな動作や格好をするのかとか、あぁ、この動作の意味は、こういうことだったのかということがよく分かりました。

二十四式や四十八式などは、何となく、言われるままにやっていたのですが、動作の意味を理解するにつけ、ますます、この大極拳に興味が湧いて来ました。陳式太極拳、特に、新架一路、二路は動作も複雑で、スピードも早く、早朝の公園でやっている高齢者体操様の二十四式とはまったく違います。

それで、素人同然のわたしには戸惑いも多いのですが、面白さは簡化二十四式の比ではありません。先行き、前途多難ではあることは間違いはないのですが、将来、介護の世話にならないためにも、ユックリ、ユックリ、それでも、あきらめないで、細々と続けたいと思い体育館を後に致しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧