2012/04/28

田舎暮らしのための物件調査

Azuma1先日、ある古民家の調査に行って来ました。その古民家がこの写真です。この古民家は、あるお客様からの依頼ですので物件情報として登場することはありませんが、このように、お客様からのご要望で物件調査に出向くことが時々あります。

徳島県内を年中、アチラコチラ走り回り、歩きまわり、いつもウロウロしているわたしですが、時には不審者と見間違われているのではないかと思うような場面に出くわすこともあります。まだ、交番に通報されたことはありませんが。何故かって?それはそうでしょ。

重要な場面、契約関係、取引関係などではキチンとスーツにネクタイでビジネスバッグを持って出掛けますので、不審者と疑われるようなことはありませんが、物件調査は、ごく普通のカジュアルな格好でスニーカー履きです。
その格好で、対象物件の周辺をウロツクものですから、その地域の住人に怪しまれてしまうのです。

それなら物件調査もスーツにネクタイでやれば良いじゃないかと言われそうですが、わたしは田舎物件というか癒し系の物件が専門ですから、街区の平坦な場所にあるブロック塀で区画されたような物件はありません。大方の田舎物件の立地場所は、周辺は里山、あるいは山林で、廻りは田んぼや畑があり、小さな小川が流れているというケースがほとんどです。

田舎で、あぜ道を歩いたり、自宅の裏山の畑に登ったりするのにスーツに姿は似合いません。と言うより、動きがかなり制限されたものになって十分な調査はできません。また、もうひとつの理由ですが、春夏秋冬、仕事をしていたと思ったのに、いつの間にか、釣りに変わっていたり、山菜採りに変わったりすることも多いです。何を隠そう、ふるさとくんは「遊び人」なのです。

そういうことですから、特別な時以外はラフな格好で行動するのです。徳島県内をいつもくまなく動いて、ブラブラしていますが、冒頭の古民家は知りませんでした。場所を教えて頂くために、お客様に同行を願いましたが、現地到着後、田舎暮らしの理想条件をすべて備えた古民家であることが分かり、具体的な調査に入ることにしました。

都会のマンション暮らしをしている方で、住居を田舎に移したい方、または、普段は街中に住み、週末のみ田舎暮らしをお考えのお方は、田舎情報に付いて、あるいは田舎物件情報等のご質問があれば、メールフォームにてご相談下さい。相談はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/24

徳島県徳島市某所、田園地帯にある古民家で田舎暮らし

Kominka049徳島県徳島市にある田舎暮らし実現のための完全な古民家登場です。
建物はもちろんのこと、屋敷も非常によく管理されています。敷地が約500坪弱ありますので、家庭菜園ならば敷地内で充分でしょう。
屋敷内には古いカキの木やミカンがあり、非常に甘い実を付けます。平成の時代になって、良質な古民家を探すのが大変、難しくなって来ていますが、そんな時代にも関わらず、豪華な?古民家です。それでいて、徳島市内です。
大きな病院まで、車なら10~15分、ショッピングセンターへも同じくらい。それでいて、隣家を気遣うことのない田舎暮らしが実現できるAランクのお勧め物件です。ご関心のあるお方様は、事前にご予約くだされば現地、ご案内いたします。新規お客様のご予約は、お電話等ではお受けできませんので、ご希望の方はこちらよりお申し込みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/12

徳島県吉野川中流域の古民家

Awashis吉野川の中流域にあります。
約1000坪の敷地内には古民家と、古民家とは対照的な築二年のもだんな住宅が建っています。場所は南に開けた丘陵地なので日当たりは抜群です。敷地が広いので、周囲に気を遣うことなくのんびりと暮すことができるでしょう。これから農業を本格的に始めたい方には最適の物件でしょう。総額4000万以上の物件ですが、今だけズバリ2500万円でどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/16

徳島県阿波市、吉野川中流域で農業をしながらの田舎暮し

Awashi1新しい田舎暮し住宅です。
宅地は1352.45 ㎡
畑は     1703 ㎡
山林が    241 ㎡ あります。合計 3296㎡ありまして、この周辺は国土調査が終わっていますので、面積は表示のとおりです。 山の1000坪ではなく、平野部での1000坪は相当に広いと言うことができます。Awashi2清流、吉野川平野中流域の風光明媚なところに位置していまして、農村地帯で近隣農家も散在していますが、屋敷が約1000坪もありますから、野原の一軒屋みたいなものでしょう。(見える範囲は全部敷地です)

Awashisin1また、屋敷の中、南側に古民家が一軒、また、この古民家から少し離れた北側に、新築2年のま新しい住宅があります。オーナーの仕事が急増したので、通勤関係で支障が生じ惜譲することになりました。(写真クリック)
(これもぜ~んぶ敷地内です)

Awashisin2現在は、兼業農家です。この物件は、出来れば専業農家を希望される方向きとなります。
現在は、サラリーマンでも、今後、農業資格を取って本格的な農業をやりたいと言う方は、ぜひ、お問い合わせください。
 吉野川中流域の土地1000坪の古民家住宅付きの物件問い合わせはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/05

徳島県吉野川市山川町の江戸時代末期の古民家

Yamakawaenkei1所有地の山から見た古民家です。屋敷は500坪、周囲の田畑は無償貸与。付近の山は数千坪で利用は自由。今はクリが実っています。ここで、吉野川平野を眺めながら、一日中、絵を描きながら過ごすなんてどうですか?疲れたら近くの温泉で癒しのタイム・・・(以下、写真クリックで拡大)

Yamakawaheya古民家内部はこんな感じです。

Yamakawaike所有の池です。ブラックバスが釣れます。

Yamakawakita1北西側から見た江戸時代末期の古民家です。藍蔵が見えています。手前の畑は、無償で自由自在に使えます。(今回は、農地約3反弱)これは、ごく一部です。あなたなら何を栽培しますか?
Yamakawanouchi1古民家住宅の東側の畑です。聞こえてくるのは虫の音ばかりです。
Yamakawanouchi2北側の畑。家庭菜園では、とても無理です。
何か、特徴のある野菜とか果物を育てて、都会に出荷しないと?!間に合わないですね!!
あなたは、何を栽培しますか?この田畑の使用料が無料とは?地主様は太っ腹ですね!ここの地主様は、全国の主要都市に、マンション、店舗等賃貸不動産をお持ちです。道理で、納得!
Yamakawazenkei3屋敷内だけでも敷地面積が500坪もあるのですから、イヌを飼おうと、ブタを飼おうと、野菜を作ろうと自由自在。屋敷内には大きな柿の木があり、実がたわわに育っています。だれにも遠慮のいらない生活を実現したいならこれで決まりです。
車で5分のところに町営温泉があり、15分行くと清流、美馬市国三郎、吉野川の河川敷に出られます。
買物は、車で10分のショッピングセンターやホームセンターでどうぞ。100円均一のダイソーやコンビニもあります。

野菜中心の生活なら、ここで自給自足できますけど・・・。ニワトリを飼えば、タマゴも産みたてが食べられます。焼き鳥な~んて。ついでにブタを飼えば、焼きブタも?
自然とともに生きるふるさとくんは、そこまではできませんけど。
やさしそうな顔して言うことが残酷~~!冗談ですよ。まぁ、それだけ屋敷内が広いってこと。。。

屋敷の中には、昔の藍蔵があり、中には珍しい古道具が残っています。昔、ここに、地方から泊り掛けで収穫した藍を持ってきていたため、住居も兼ねていたそうです。こちらもお好みで利用することは可能です。
この中の古民具や小道具は、売ったり、壊したりはダメですが、住んでくれる人には、自由に居宅に持ち出して飾ることはOKです。こんな条件は、他には決してありませんネ。たぶん。詳しくはこちらまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/06

阿波市山川町の古民家住宅

Yamakawazenkei昨日は、徳島県山川町へ仕事を兼ねてドライブして来ました。築年数100年以上経つ古民家住宅ですが、その規模に圧倒されました。今はとても入手不可能な大きな丸太の梁が天井にあり、自分の家の軟弱さを思い知った感じでした。屋敷の周囲の景観は、吉野川を望む高台の田園地帯です。周囲に隣家がほとんどないので、聞こえて来るのは、鳥の鳴き声ばかり。田舎暮し実現をお手伝いしている私ですが、こんなところに住んでみたいなあ、と妙に感傷的になってしまいました。畑や田んぼを渡って来るそよ風が、ものすごく心地よく感じられ、風の強弱のリズムはまるで瞑想音楽を奏でているように私を癒してくれるのでした。(写真クリックで拡大)http://page.freett.com/star9/bukken.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/20

徳島県海部郡海南町古民家住宅

1-omoya-zenkei

kaki-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生活環境は抜群

kainan-madori
上記物件の母屋間取です。
この西側に6帖和室付き納戸兼倉庫
があります。
来客時にお互いが気を
使わなくても良いのが魅力です。
離れにもトイレがあります。
詳しくはこちらをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/25

遊びが仕事???

inaka-1

inaka-2

kaki仕事もしているよ。
でも、散策して歩く事が仕事になってるから、
全然、ストレスは貯まらないなぁ~。
田舎のあぜ道を歩くのが僕の仕事だよ。
だれか、一緒に秋の田舎道を歩いてみたい
人がいたらキッと素敵だよ!?
そんな人がいたら・・・この指と~まれ。。。
(写真クリック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/18

まぁ~なんと言うことでしょう

hiketa-1
綺麗にイメージチェンジしました。
現在は、関西在住の出版社社長宅の別荘で、
当社で改修工事を担当させていただきました。
住宅からは瀬戸内海が一望でき、
癒しに最適の地です。
宅地約253坪、建物約30坪(1坪=3.3㎡)
香川県東かがわ市南野(写真クリック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧