2013/09/12

みのもんた次男で御法川(みのりかわ)雄斗日本テレビ社員が逮捕される

TBSテレビの朝ズバは早朝からやっている番組で、世の中の広範囲な内容を視聴者に分かりやすく解説してくれるので、わたしは毎日見ているのですが、この何日か、番組中心のみのもんたが出ていないのを不思議に思っていましたところ、ものもんたにはセクハラ疑惑があり、番組生放送中に、女性アナウンサーのオシリを触っている光景がユーチューブに溢れていました。そのことを指摘されたTBS側の言い訳が苦し紛れのことを言っているなあと苦笑していましたら、今度は、みのもんたの次男が窃盗未遂事件を起こしました。

ネット報道や、テレビ、新聞のニュースので、「みのもんたの次男、日本テレビ社員の御法川(みのりかわ)雄斗容疑者(31)を窃盗未遂容疑で逮捕した」との報をみて、仰天しました。

新聞などによると、先月初旬、酔って路上で寝込んでいた40歳代の男性会社員が持っていたカバンからキャッシュカードを盗み、そのキャッシュカードを使って、東京・港区のコンビニ店のATM(現金自動預払機)で、40歳代の男性会社員のキャッシュカードを使い、現金を引き出そうとした疑いが持たれています。

警視庁によると、この窃盗未遂容疑に対して、御法川容疑者は容疑事実を否定しているようですが、犯行のアッたATMの防犯カメラには、暗証番号をうち間違ってやり直している御法川容疑者の姿が映っていたということですから、信ぴょう性はかなり高いものと言えそうです。

朝ズバは、番組のホームページをみますと、番組の目的は、日常の出来事、具体的には、事件・事故・政治・社会現象・スポーツ・芸能などのニュース・情報を、視聴者代表としてのみのもんたが徹底的に切り込みますとのようですが、まさか、自分の息子が逮捕されるなんてことは、予想し得なかったでしょう。

素人目に想像しますと、日本テレビ社員なんて、普通に考えたら、エリートじゃないですか、給料やボーナスもタップリと貰っているはずで、お金に困っているなんてことはありえないことだと思います。本人とは直接関係ないとは言え、父親も高額収入をえている超有名人。そんな恵まれた環境にいる人が起こした御法川容疑者の窃盗未遂。

名目上は、休暇かなんかで休んでいるのかも知れませんが、早く番組に出てきて、息子がなぜ、そんなことをしたのか、なぜ、御法川容疑者はそんなことをしたのかいつもやっているように明快に背景、現状、今後の処分などに付いて徹底的に切り込んでくれたら面白いのになぁなんて思ったり致します。残暑厳しき秋の早朝に思う・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/28

中山国交相、問題発言の責任取り辞任へ

中山成彬国土交通相は、周囲の空気が読めない人、との印象を持ちました。
安倍首相、福田首相の二度にわたって政権を投げ出した後を受けての、いわば、今度こそ、背水の陣内閣であるはずの麻生政権は、解散総選挙で、衆参のねじれを解消したいはずが、この発言によって、さらに、ねじれが昂じて、民主党政権になるかもしれないのです。

問題は9月27日に、次期衆院議員選挙の選挙区の公認候補を決める会議に出席していて、先に、成田空港反対闘争運動での未買収地地権者を指して「ごね得」だとの発言に、中山成彬国土交通相を前にして、地元県連会長は、「こう言った発言は、選挙の足を引っ張るので謹んで欲しい」旨を進言したのを受けて、さらに、今度は何を血迷ったのか「日教組をぶっ壊す運動の先頭に立つ」と言い放ったそうです。

私は、最近の自民党政治に限界を感じているものとして、今回の騒動が解散総選挙にマイナスに働くのは歓迎でありますが、こんな、空気の読めない人が、国会議員であり、ましてや国の大臣であることにたいへん疑問を感じるものです。この一連の問題発言は、単なるミスとか失言と言ったものでなく、完全に確信犯的な発言であると言うことです。いつの時代であっても、政治は国民本位のものであるのが原則でしょう。
国民の目線から外れた、自分たちの党利党略、私利私欲がまかり通る政治が、国民に支持されるはずはありません。

年金問題、後期高齢者医療費問題、政治塩金と金にまつわる事務所費問題等々から省みても、いまの政治が国民の目線で行われていないことだけは確かです。そう言う意味で、今回の衆議院解散総選挙の行方を見守りたいと思います。

話が、チョッとずれてしまいましたが、そんな、社会人としての基本的な常識をも、持ち合わせていない人を、国土交通省の大臣に任命した麻生総理大臣は、その任命権者としての責任を問われても仕方がないのではないかと言う気がいたします。ひょっとすると、この麻生政権が最期の自民党連立政権の最期になるかも知れないとですね。政治の無策により、国民の暮しは我慢の限界に来ています。毎日、買物に行くスーパーで、次々と上がる商品価格の高騰に国民は悲鳴を上げているのが現状です。一日も早く、国民目線の政治をしてくれる政権の誕生を望むものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/15

北朝鮮制裁、安保理で採択

とうとう、国連での、北朝鮮制裁決議が採択されました。
国連憲章第7章41条による決議で、軍事行動を伴わない経済制裁を、加盟各国が強調して行うと言うものです。

当初の42条に規定する軍事行動に付いての制裁案は、中国やロシアの反対でアメリカは譲歩した格好になりましたが、たとえ経済制裁だけとは言え、国のエネルギーや食料をはじめ、その多くを中国に全面的に依存している北朝鮮としては、国家としての存亡の危機にあると言っても過言ではないでしょう。それを、見越してのアメリカの譲歩であるかも知れません。

いずれにしても、北朝鮮にとって最大の後ろ盾であった中国が、経済制裁決議に賛成を投じたと言うことは、北朝鮮にとっては最大の誤算であると言えるでしょう。今後は、北朝鮮が自暴自棄になって、更なる核開発を推し進め、それを世界のテロ組織にばら撒くことのないように、加盟各国は監視を強めなければならないと思います。

また、我が国も独自の経済制裁を閣議決定し、それを即日、実施したことは非常に良かったと思います。
今までの、小泉政権の北朝鮮に対する拉致問題をはじめとする一連の交渉で、その外交の手ぬるさを見てきた国民としては、今回、非常にスッキリとした気分ではないでしょうか。

今回、独自の制裁案として、官僚側からは、船舶の入港を1000t以上の船舶に限るとした案を、提示してきたそうですが、官邸側の判断で全船舶に決まったと言う経緯があるようですが、そうならなくて良かったと思います。
独自の経済制裁を実施したとしても、そのような抜け道を最初から作ってやるような経済制裁ではまったく意味はありません。やはりここぞと言うときには特に、政治力が問われるのではないでしょうか?
前小泉政権のときとは状況が違いますが、もし、小泉政権が続いていたなら、今回の日本独自のすばやい経済制裁が実現したかどうかは分かりません。

今後は、国連加盟各国による経済制裁が確実に履行されることを望むものです。そのことが、一日も早い、北朝鮮の核開発に終止符を打つことにつながり、民主化と開かれた国家に生まれ変わることを切に望み期待したいものですね。今後の成り行きには目が離せなくなってきたようです。
この記事、面白い、つまらない?どちらでもランキングへGO!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/14

移植用腎臓を廃棄、社会保険中京病院

心臓停止後の人から移植用に提供されクーラーボックスに保存していた腎臓2個を、10月13日午前、病院の看護助手が間違えて廃棄したと言うことで同日、夜に発表がありましたが、テレビ報道を聞き、あっけに取られました。

なぜ、そんな単純なミスがおきてしまったのでしょうか?
テレビの画面を見た限りでは、その腎臓を保管していたと言うクーラーボックスですが、私達が、普通に魚釣りに持参するものと色や形がほとんど同じように見えました。

病院側の管理体制のズサンさが招いた今回の事故ですが、なぜ、そんな大事なものを、外見上も、特別な容器には決して見えないような普通のクーラーに入れるのでしょうか?
また、その外側には、何の注意表記もなかったのでしょうか。看護助手が勝手に開けて捨てたと言うことですから、おそらく、カギさえも掛かっていなかったと言うことなのでしょうね。

保管臓器を捨てたと言うことがあとで分かり、病院側はあわてて、それをゴミの中から拾ってきたそうですが、
もはや、汚れのため使える状態ではなかったそうです。当然ですよねぇ。今回の件は、単なる大事な物を誤って捨ててしまって、ゴメンなさい、で済む問題ではないでしょう。何しろ、人の命に関わることなんですから。

そして、この病院でなくなったと言う腎臓提供者や、その遺族の気持ちと、さらには、その腎臓の移植を待ち望んで、やっとの思いで健康が回復出来ると、手術を待ち望んだ、患者の気持ちを考えるに付け、何ともやりきれない思いと残念さでいっぱいです。

この事件で、初めて知りましたが、そんなに大事な移植用の腎臓を、あんな単純なクーラーに入れて、しかも、カギさえ掛けないで、無造作に置いてある事実に寒気さえ覚えるものです。

よく、医療事故の話を報道で聞きますが、やはり、プロ意識の欠如が最大の原因でしょう。病院の職員全体が、院長をはじめとして、毎日、惰性で流れていたように思います。このことを、ほんとうに苦い教訓として、もっと管理体制をしっかりとやって、二度と再びこう言う事件が起きないようにしてほしいものですね。

それにしても、いつだってそうですが、この不始末をお詫びする病院側の「二度とこう言ったことが起きないようにすることを誓います・・・」のお詫びの言葉を、病院以外でも、日常、事件や事故が起きるたびにどこかの官庁、そして、会社等々で、年中、聞いているような気がするのですが。みんな他人事なんでしょうかねぇ・・・。
この記事、面白い、つまらない?どちらでもランキングへGO!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/10

北朝鮮核実験は失敗か?

北朝鮮の核実験「どちらかといえば失敗」…米政府当局者の見解として、核実験の公式確認が遅れているのは、昨日の実験の規模が非常に小さかったためと思われます。
北朝鮮政府は即座に実験は成功したと発表しましたが、もし、核実験が失敗していたとしても、我が国をはじめとして、利害関係国に成功を強くアピールしなければ、最後のカードを切った以上、核実験は失敗だったとは言えない内部事情があるのかも知れません。振り上げたコブシは最後まで振り下ろさないといけないからです。

この夏のミサイル発射実験の時も長距離ミサイル実験を受けてのアメリカの反応は非常に慎重でした。そして、今回の核実験に付いても同様に、成功か失敗かを分析しているのでしょう。あれだけ高度な軍事技術を持ったアメリカが実験の成功、失敗が判定出来ないはずはありません。すぐ、発表しないのは何か政治的な配慮があるのかもしれないですね。

いずれにしても、東アジアにおける軍事バランスと言うものが、北朝鮮の核実験が成功、失敗に関係なく、相当、違ったものになったとことは事実です。実験の成功、失敗より、すぐ隣りに、また、近くに核開発を進めている国があると言うことが脅威なのです。このことによって、アジア地域での核開発競争につながるのではないかと言うのが、おおかたの見方ですね。我が国や韓国は日米、日韓同盟による核の傘によって守られて来たのですが、今後は韓国もそして、台湾も、そして、高度な原子力技術を持つ日本でさえ、北朝鮮に対抗するために核開発に乗り出すのではないかと懸念するものです。そうすることで、関係国中国の軍拡にますますのお墨付きを与え、際限のない軍拡競争に拍車が掛かるのは必至の状況です。

今度の北朝鮮の核実験を通じて、国連では国連憲章第7項を含む制裁論議が活発に議論されると思いますが、こそ、利害関係国が自国の利益だけを考えるのではなく、東アジア、ひいては世界の安定のために知恵を働かせて政治的解決を望むものです。特に、今回の制裁決議においても中国が拒否権を行使しないように関係国が足並みを揃えて望まなければならないと思います。
この記事、面白い、つまらない?どちらでもランキングへGO!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/09

北朝鮮核実験実施の報

北朝鮮の国営朝鮮中央通信は九日、北朝鮮が同日、初の地下核実験に成功したと報じました。
もし、これが事実ならスワッ、一大事!ってことかも知れませんね。
このことによって6カ国協議の枠組みは完全に破綻したと言っても良いでしょう。次の焦点は、国連安保理による北朝鮮に対する制裁論議に移ることは確実です。

それにしても、昨日、今日と日本の安部総理が中国、韓国を訪問し、日中、日韓の首脳会談を開いている最中に核実験をしたと言うことは、もう、金正日の胸のうちは、なりふり構わずの感じさえするものです。

今まで、北朝鮮の後ろ盾としてエネルギーをはじめ、多くを中国に依存してきた北朝鮮としては、この核実験によって、経済援助が中断、ストップするのを計算しなかったはずはないのだとすれば、それを犠牲にしても核実験をやる意図はどこにあるのでしょうか?

北朝鮮は、アメリカの金融制裁で対外資産を凍結されて経済は相当参っているとのことですが、この、核実験実施と言うことで、経済制裁緩和のためにアメリカとの2国間協議を引き出す意図があるのだとすれば、今回は今までのような瀬戸際外交の成功とはならないのではないかと思います。
まだ、金正日の頭の中には、アメリカが怖気付いて柔軟姿勢に転じるとの読みがあるのでしょうか?
この北朝鮮の金正日と言う男は、もう正常な判断が出来なくなってしまったのでしょうか?

この核実験強行が、北朝鮮にとってほんとうに危険な最後の賭けを行ったのだとすれば、北朝鮮と言う国の存在がついに崩壊へ向かって序章の幕が開いたのかも知れませんね。
しばらくはこの成り行きから目がはなせません。
この記事、面白い、つまらない?どちらでもランキングへGO!
広報活動なら無料サイトがおすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/05

民主党・細野議員「使っていない」と釈明

不倫旅行で「無料パス」使用?

民主党は次々と問題が噴出してくる感じですね。
この前は平成の爆弾男と呼ばれていた永田寿康元議員がライブドア関係疑惑での国会質問の勇み足。
今回は、民主党の細野豪志政調会長代理(35)と美人キャスター・山本モナさん(30)の不倫スキャンダル。
しかし、問題は不倫疑惑に端を発して、今は、不倫旅行の際、国会議員に支給される「JR無料パス」を利用していたと言う疑惑です。無料パスで不倫旅行とは恐れ入りました。

当の本人は、不正使用を否定してはいるが、真相はいったいどこにあるやら。
超過激なタカ派と言われる安部政権の独走を許さないためにも、民主党には頑張って貰いたい気がしますが、党首は党首で健康不安を抱えたままです。私としては、民主党党首の小沢一郎と言う人は、以前から、討論やテレビインタビューをいつ聞いても一貫して筋が通っているので、私は好きな政治家であるのですが、予定通り退院したとは言え心配の種は残したままですね。なかなか2大政党は育たないですね。今はオール与党の感さえ致します。もっと野党がしっかりして、馬のたずなの役を果たさないと本当に危険な国になって行ってしまうのではないかと危惧するものです。

来年の参議院選挙を控え、万全の体制で自民党の過半数割れに追い込み、政権交代を実現すると言う大義実現のために全力を挙げてほしいものです。なぜなら、今度の阿部内閣では、物腰は柔らかく言葉は明瞭ですが、
心の中では何を考えているか分からないような気がします。

今の、平和憲法が時代に合わないなんて、憲法改正を視野に入れて関連法の制定をもくろんでいますが、
なぜ、今の日本国憲法のどこが時代に合わないのでしょうか?
憲法改正して、軍隊を持つ。今でも自衛隊と言っても実質、軍隊に変わりありません。これを、憲法改正してまでやろうとする意図は、徴兵制の実施ですよ。昔、赤紙一枚で、戦争に駆り出されたあの暗黒の時代に逆戻りする可能性さえはらんでいるのです。危険極まりないことではありませんか?

あの先の大戦の苦い反省の上にたった、平和の実現のために陸・海・空の戦力は永久に保持しないと言う文言を
削除しようとしているのです。今後の私達の老後生活に直接に関係している年金問題、医療の問題、福祉の問題等々、数えたらきりがありません。歳がいってもおちおち病気にもなれない、病気になっても入院さえ出来ない、そんな切実な問題が、今、現実にあるのです。先日も夜のNHK番組で、そのことが報じられていました。

顔がスマイルだとか、育ちが良いとかで総理を見てはいけないと思います。また、来年の参議院選挙では、近所の世話人に頼まれたからとか、地元の人だからとか、そんな基準で選挙に行くべきでは決してありません。今、そんな過去の選挙の仕組みが、今の福祉や医療、社会保障の極端に悪くなった原因でもあるのですから。結局は、その付けは私達や、私達の子や孫が背負わなければならないことを肝に銘じることです。この記事、面白い、つまらない?どちらでもランキングへGO!


| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006/10/03

スケート連盟久永元会長ら逮捕

日本スケート連盟の元会長久永勝一郎容疑者(75)が背任容疑で警視庁に逮捕されました。
以前から、この疑惑はうわさされていましたが、とうとう元トップの逮捕に至りました。

別に、あんなおじいさんが逮捕されても痛くもかゆくもありませんが、他人事ながら、そこに所属しなければオリンピックとか国際大会に出られない選手達や、その候補達には、イメージダウンだけでなく強化選手選定の公平さは大丈夫?
と言う点においても、なんとももやもやしたものを感じるのは私だけではないと思います。

今まで、正直言って、アイススケートのフィギュアスケートなんか、あまり関心はありませんでしたが、あの愛らしい滑り方で実力NO.1 の浅田真央がスケートリンクで難しい技と、愛らしい滑りを見て以来、ああ、日本のアイススケートもいいなって思うようになりました。
それまでは、出て来る選手達は・・・やめとこう!!

そして、こんな連盟の不正経理問題が表沙汰になると、そのことに関連性があるかどうか分からないですが、浅田真央のオリンピック出場が、規約の年齢制限で出られなかったことを思い出しました。

当時、オリンピックで金メダルに一番近い候補だから、何とか浅田真央の出場を働きかけてはどうかと、記者が連盟の実力者に質問していましたが、日本の連盟役員はなんとも苦しい弁明に終始していたのを思い出しました。ニュースでの解説を聞くと、出場出来る可能性もあったと言うことですから、余計に、あの通り一遍の弁明にはなぜか、胡散臭いものを感じていました。

ひょっとして、この五輪選手選定の背景にも後ろめたいものがなかったのかどうか、スケートにはまったく無縁の私ですが、こんなことを考えてしまう秋の夕です。。。
今は、秋。
この記事、面白い、つまらない?どちらでもランキングへGO!
ガン治療情報!抗ガン漢方薬「天仙液」。資料と試供品を贈呈中
日本で唯一の公式webサイトであり、天仙液の正しい情報をお伝えするガン情報110番です。相談スタッフが適切に応対しております。お気軽にお問合せ、資料請求ください。試供品を贈呈中です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/10/02

腎臓移植で臓器売買

愛媛県宇和島市にある宇和島徳洲会病院で昨年に行われた生体腎移植が、実は、臓器売買だったそうな・・・
内縁の夫が重症の糖尿病患者で、腎臓移植以外に治療法がなかったそうです。それにしても、その生体腎の提供の理由が変わっていますね。

お金を貸した容疑者に、お金の返済を迫ったところ逆に、借金の200万円と別に300万円を上乗せして返すからとの話にのったと言うことだそうです。

私などは不思議に思うのですが、普通は、お金を返してもらいたいと言うことであっても、身内でもないあかの他人に、自分の腎臓を提供するものでしょうか?

お金を貸していた金額は200万円だったそうですが、いまだ返済がないと言うことで提供者が警察に相談して事件が発覚したと言う経緯です。

それにしても、臓器移植法と言う法律があって、親族以外の生体腎移植を禁じていることも今回、初めて知りました。そして、手術をした病院側は、腎臓提供者の確認方法が非常にズサンだったのが原因でしょう。
この手術を仲介した容疑者の妹と言うことで病院側には説明して、病院もその話をそのまま何の確認もしないまま手術を実施したと言うことであるので、責められるのは容疑者はもちろんですが、病院側のいい加減な対応も問題視されなければならないと思います。

それにしても、この事件で一番、得をしたのはこの腎臓移植事件で逮捕された容疑者の内縁の夫、
つまりは、腎臓の提供を受けた当の本人かも知れませんね。
何しろ、他人の腎臓を騙し取って、生きていると言うことですから・・・

皆様、おいしい話には性急に乗らないようにしましょう。
この記事、面白い、つまらない?どちらでもランキングへGO!
ガン治療情報!抗ガン漢方薬「天仙液」。資料と試供品を贈呈中
日本で唯一の公式webサイトであり、天仙液の正しい情報をお伝えするガン情報110番です。相談スタッフが適切に応対しております。お気軽にお問合せ、資料請求ください。試供品を贈呈中です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/05

日朝政府間協議再開

今日5日、日朝政府高官レベルの外交協議が再開したとありますが、
日本側の最優先課題である拉致問題の解決に向けて具体的な進展を目指す・・・

そうですが、こんなことを何回やっても実質的な進展があるとは思えません。
世論の声が時の政治を左右する国ならいざ知らず、何でもすべて将軍様が決める国で
何の決定権も持たない代表といくら議論しても時間と経費の無駄と言うより他はありません。何を言ってもあらかじめ将軍様が決めたシナリオ通りの答弁だけ。
あとは本国に持ち帰って政府に伝える・・・だいたいこんなものでしょう。
横田夫妻はじめ拉致被害者の家族の心情を思うに付けもどかしくてなりません。

また、最近、韓国側の報道で横田めぐみさんを拉致して北朝鮮に連れて行ったのは、
金正日の直接の指示の基に犯行を企てた辛光洙だと言うことが明らかになっています。以前、小泉総理が平城に行ったときの会談では確か、拉致事件は部下が勝手にやったと言うことでしたが、横田めぐみさんの偽遺骨問題と同様、またまた北朝鮮の嘘が判明しました。今、北朝鮮にはこの問題を真剣に日朝間の重要な問題だとは考えていないでしょう。本当に解決を図りたいのなら偽の遺骨やら合成写真を持ち出してきたりはしなと思います。

日本政府も、本当にの問題を一日も早く解決して正式な国交正常化をはかるつもりなら、今こそ、経済制裁を発動するべきじゃないかと思います。
そりゃぁ~、大学のお偉い方々は日本だけが一国で経済制裁しても効果はないとの意見を言うでしょう。しかし、我が国の主権が北朝鮮の勝手な道理で踏みにじられているのに、小泉総理は、いつまで飴と鞭を言うのでしょうか・・・

超能力捜査官が本当に人の意識と交流出来たり、内なるスピリットと会話が出来ると言うのが事実なら、小泉総理の本音はいったい何なか調べてくれと言いたいですが・・・
捜査官も本国では難事件の解決を図っているそうですが、日本では一向に解決しませんね。話しが反れてしまいましたが、いったい本音はどこにあるのでしょうか・・・

何か言うと小泉総理は飴と鞭の話しばかり持ち出して、具体的な話しをしようとはしません。小泉総理が北朝鮮に行って会談後に行なった平城宣言は、
その後の経過を見ても完全にホゴにされています。
そして、平城宣言が破られたときは経済制裁と言ってきた経緯から見ても、
今こそ経済制裁をする必要があるのは当り前ではありませんか?
私達、国民から見れば、飴ばかりを与えているようにしか思えません。

拉致被害者の家族の切なる心情を思うとき、なぜここまで弱気な外交をする必要があるのかと言いたいですね。学者達の言うように直接的な効果はないかも知れませんが、
我が国の政府は、日本政府並びに国民の強い憤りと決意を経済制裁をすることによって北朝鮮に示すべきじゃないかと思います。
拉致問題が解決しない限りは、たとえアメリカが核問題の譲歩を引き出すために、
日本にも経済協力等の見返りの負担を言って来たとしても一切応じない!
との強い決意を今こそ行動によって示す必要があるのではないでしょうか。
この記事、面白い、つまらない?どちらでもランキングへGO!


| | コメント (0) | トラックバック (0)